自主出版のメリットとは

大手出版社などを通した商業出版や個人出版の場合ですと、内容や文章がどんなに素晴らしいものであっても売れるのかが出版時の一番のポイントです。逆に言えば、例えば芸能人が著者であればそれ程文章スキルがなくても、もしくは内容がいまいちであったとしても、大抵の出版社は出版してくれることでしょう。一方、自主出版は著者の名が知られていなくても、もしくは文章スキルに自信がなくても、原稿さえ書くことができれば作家として誰もが活躍できます。自主出版においての主導権は、編集者よりも著作者にあると言っても問題ないでしょう。差別用語がなく、また内容が反社会的なものであったり誹謗中傷するものでなければ、内容や表現における決まりごとは個人出版や商業出版よりも著作者側の意見が優先されることも、自主出版の良い点ではないでしょうか。

自主出版でオリジナルの本を作る

大きな出版社を通した個人出版や商業出版のケースですと、内容や文章がとても素晴らしいものであろうと、果たして本当に売れるのかが最大の決めてとなります。有名タレントが著者であれば、文章力がなかったり内容の質が悪かったとしても、大体の出版社は了承してくれます。自主出版は著者の認知度に左右されず、文章力に満足できていない方でも原稿さえあれば、どんな方でも作家になれます。自主出版における主導権は、編集者よりも著作者が握っていると言っても言い過ぎではないでしょう。差別用語がなく、そして誹謗中傷や反社会的なものを含まなければ、内容や表現における成約は商業出版や個人出版よりも著作者の判断が断然優先となるのも、自主出版の魅力ではないでしょうか。文章を書くことに自信のない方は、プロライターや編集者にリライトをお願いすることもできます。

執筆に自信がなくても可能な自主出版

出版社の大手などを通った個人出版や商業出版の場合、内容や文章がどんなに質が良いものであっても沢山売れるかが一番のポイントとなります。芸能人が著者であると、内容がパッとしないものであったり文章表現に乏しくても、殆どの出版社がOKを出すことでしょう。自主出版ですと著者の知名度はいちいち気にすることはなく、執筆に関して自信を持っていなくても、どなたでも作家になることができます。自主出版での主導権は、編集者よりも著作者にあると言ってもいいはずです。差別用語が使われてなく、そして誹謗中傷や反社会的な表現がなければ、内容や表現においての制約は商業出版や個人出版よりも著作者の意見が必要とされるのも、自主出版の良い部分です。執筆にあまり自信が持てない方でしたら、プロライターや編集者と相談してリライトを頼むことも可能です。